水華(ミズハ)と火水華(ホミカ)

Kazumi です。

 

 Dragon Heart の他にも創っていた楽器を リニューアルしました。


名前も「水華(ミズハ)」になりました。

 

 



この子、創ってはみたものの私は中心に水晶を入れたいという気持ちがあり 、どこか積極的に表に出す気持ちにも二人ともなれず、暫くそのままになっていました。

 


けれど、年末にミネラルショーでバイヤーさんの話を聞いていて、中心に入れるのは水晶じゃなくて良いんだということは分かっていました。

 



それでも何かを中心に入れたい!


ということで、また得意の実験をしました(笑)
色も形も置く場所もその角度も、そこから聞こえてくる音で決めます。


結果はやはり ハート♡



ということで中心に入れるものも決まり、新しい水華(ミズハ)が誕生しました。

 

そしてまたまた面白いことに、 Dragon Heart の作成時同様、私達二人に色々なことが起こりました。

 

それらの出来事から、また外される枠や意識。

 

散々外されてきた物が、更に細かくあっという間に昇化されていきました。

 

こういうことは Dragon Heart だけの現象かと思っていたけれど、水華(ミズハ)でもそれが起こったことにやっぱりそうなのかと驚いたり。


そうして新生水華が誕生しました。

 



名前の水華(ミズハ)は、この子に「どんな名前が良いの?」と聞いてみたら『華』という返事。

なので本人(?)希望の名前です(笑)



新生水華から何日も経たないうちに、材木屋さんに水華作成用の板を二人で見に行きました。


そこで「この板欲しい!」と Atuko さんのパッションマックスになる板が!!

 

それが火水華(ホミカ)です。
 
 
Atuko さんはその板に水の流れをイメージし、私はハワイのペレ(火の女神)をイメージしました。



水華より少し大きく、木の節が水華の六芒星の弦を張るのにやや無理がありそうなその板。



「そうだ、八芒星の弦にしよう!!」



決まれば早い!もう八芒星の型を作るのも手慣れたものです。



そうして板が手元に来てから僅か二日目で怒涛の如く出来た火水華(ホミカ)。


私は水華には水のイメージなのですが、これは火のイメージが来ます。

 


最初もペレですもんね。そりゃそうか(笑)


ということで名前も火水華(ホミカ)になりました。




それと同時に私は、水華を流れるような感じで弾きたいという欲求がにわかに出てきました。


それでまた実験開始!(笑)


あれこれ試行錯誤し、試作品を作り、けれども構想より僅か3日目で「私達天才!!」と何度も自画自賛してしまう金属の爪を作りました♪



これで弾くと私の場合、あっという間に夢心地になり、肉体の境界線がなくなるような感覚になります(*^^*)


水華と火水華の音はこちらからお聴きになれます。

 

ということで、濃密な作成期間の直後、Atukoさんも私も多忙になりこちらのブログも放置したままでしたが、遅ればせながら水華(ミズハ)と火水華(ホミカ)の誕生のお知らせをさせて頂きました。


水華の販売の詳細については後日またお知らせ致します。
 


ブログ一覧はこちらからどうぞ。